EMSジェルパッドやジェルシート不要の機器をまだ探している人へ

健康器具
EMS ジェル パッド 不要

EMSジェルパッドジェルシート不要のEMSトレーニング機器を探しているということは、すでにEMS機器を買ったけどジェル パッド(ジェルシート) が高くて悩んでますよね。

 

というより、EMS ジェル パッド (ジェルシート)不要のEMSトレーニング機器を探す前に、そもそも「部分痩せ」が本当に可能なのかどうかわかっていますか?

 

この記事であなたが得られるメリット
  • ジェルパッド不要のEMS機器を探している時点で間違えていることがわかる
  • ジェルパッド交換が必要なEMS機器は単なるボッタクリなのがわかる
  • 部分痩せをしたい人が多い理由と、そこに目を付けたダイエット業界の狙いやウソがわかる
  • 部分痩せではなく全身で痩せる必要があることがわかる
  • ジェルパッド(ジェルシート)不要で、痩せられるEMS機器がわかる

 

もしあなたがジェルパッド(ジェルシート)不要のEMS機器を探して、部分痩せをしたいと思っているならこの記事はかなり参考になると思います。

 

ダイエット業界のカモになっている

ジェルパッド(ジェルシート)不要のEMS機器を手っ取り早く知りたかったらこちらのランキングが参考になるでしょう。

 

通販で購入できるEMSスーツ ランキング

ジェルパッド(ジェルシート)不要なEMS機器を探している時点であなたは間違えています


EMSジェルパッド交換は間違えている

 

あなたが今現在使っているEMS機器はひょっとして、

シックスパッド

↑こんな形だったり

シックスパッド

↑こんなのとか

シックスパッド

↑ヒップを鍛えるこんなのも、、、、

ヤーマン

↑お風呂で使えるのも、、、、

 

一番下の物はジェルパッド(ジェルシート)は使いませんが、何が言いたいのかというと、これら全ていわゆる「部分痩せ」をウリにしているEMS機器たちです。

 

こういう部分痩せをウリにしているEMS機器を使っているから「EMS ジェルパッド(ジェルシート)不要」と検索して、今この記事を読んでますよね?

 

その「部分痩せができると思っている」ことこそがそもそも間違いなのです

 

「部分痩せ」が可能なのかどうなのかがわかりやすいヤフー知恵袋の質問&回答があったので紹介します。

 

Yahoo!知恵袋の回答にもありますが、「部分痩せは今の生理学では絶対に不可能」なのです。

特に有名なのが「SIX PA〇」のようなEMS機器ですが、まず部分痩せということはできないことを認識した方が良いでしょう。

ジェルパッド交換必要なEMS機器がいかに無駄なのかはこちらでも説明しています。

ジェルパッド(ジェルシート)交換が必要なEMS機器は意外な盲点

EMS ジェル パッド(ジェルシート) 不要のEMS機器を探すということは?

ジェルシートは不要すでにEMSトレーニング機器を購入して、いざ使ってみるとジェルパッド(ジェルシート)の値段の高さに驚かされているという人は多いです。

 

ジェルパッド交換不要のEMS機器の方が良かった

部分痩せをしたくて有名なEMS機器に飛びついて買ったものの、ジェルパッド(ジェルシート)の値段の高さに後から気付いた人は結構います。

 

例えば有名な「SIXPAD」の腹筋用パッドの場合、純正品の交換用のジェルシートは6枚入りで4,180円(税込)です。

 

腹筋用で月1回交換をすると年間で50,160円もかかるんです。

 

サブスクリプション契約をすればもっと安くなるプランもあるようですが、そもそもジェルシート(ジェルパッド)が必要な部分的EMS機器では部分痩せはできません。

EMS ジェル パッド

画像クリックで楽天の販売ページが観られます

 

あんなジェルシートなんて原価はたがだか数十円でしょう。そんな高いジェルシートを定期的に購入していると思うとバカバカしくてやってらんないというのが本音。

 

ご丁寧に「SIXPAD」の説明にはこう書いてあります。

「ジェルシートは必ず純正品を使用してください。純正品以外を一度でも使用した場合は、保証の対象外とさせていただきます。純正品以外を使用して発生したトラブルについては一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。」

純正交換品を買わせて儲ける商法ですね。

 

わかりやすい例では、ブラウンのシェーバーや電動歯ブラシの本体価格は安いのに、替え刃や替えブラシは異常に高いというのと似ています。

ブラウン純正品

 

今この記事を読んでいる人は「交換用ジェルパッド(ジェルシート)が高くてやってられない」という人が多いですよね?

そりゃそうですよ。「SIXPAD」のジェルシートを純正品で1か月毎に交換したら年間で50,160円もかかりますからね。

腹筋以外の部位のジェルシートも交換しなければならないとなると、年間でかかるジェルシート代は馬鹿にならない金額になります。

 

ジェルシート(ジェルパッド)交換不要のEMS機器特集はこちら

EMSスーツは購入価格は高いがコスパがよい

そもそもなぜ部分痩せをしたいと思う人が多いのか?

その理由は何かというと、「お腹周りの脂肪を落としたいという需要が最も多い」ということです。

 

EMS ジェル パッド 不要

 

学生時代はそれなりに運動をしていたのでスリムな体形を保てていましたが、社会人になり運動もままならなくなると脂肪を蓄えるようになります。

毎日の晩酌とおつまみが無いとストレス解消ができない人も多いのではないでしょうか?

運動をしなくなり、それでもカロリー摂取が多い生活を続けるうちに、手足の末端など、普段可動が多い部位には脂肪はたまりづらく、体の中であまり可動しない部位ほど脂肪は溜まりやすいのです。

 

 

内臓周りに脂肪が付きやすい内臓脂肪型肥満や、外側に脂肪が付きやすい皮下脂肪型肥満など、体質や遺伝などによってタイプがありますが、脂肪が付きだすとまず気になるのがお腹周りでしょう。

お腹周りの脂肪を気にするのは中学生や高校生よりも、運動不足で脂肪が付きやすい20代後半からの方が圧倒的に多いですよね。

EMS機器を販売しているメーカーはそこに目を付けているのです。

楽天などで腹筋用EMS機器を探すと色々な形の商品が売られていることが分かります。

腹筋用EMS機器

SIXPADの形だけ真似したような類似品がワンサカ

 

お風呂上りで鏡を見てガッカリするのは、お腹周りに脂肪が付いて無様になった自分の姿です。

無様に太ったお腹周り

女性なのかオッサンなのかもわからないほど”だらしない”体型

 

実は体重が増えている原因はお腹周りだけでなく、内臓、背中や腕、足、顔など体じゅうに脂肪が付いているからですが、まず脂肪が一番目立つのがお腹周りです。

 

「まずここを痩せさせたい」とだれしもが思うでしょう。

 

足を細くしたいなどの願望がある人もいますが、ほぼ全員が気にするのがお腹周り。 企業が販売市場のマーケティングをして、一番何が売れるか?をリサーチした場合、

  • ターゲット⇒ダイエットをしたい人
  • ダイエットをしたい部分⇒お腹周り
  • 年代⇒20代~30代
  • 性別⇒女性

この層に一番物が売れるという結果売られているのが、

「一日10分ただ貼っているだけで気になるところがスリムになる」

というようなうたい文句で販売している腹筋用EMSが多いんですね。

シックスパッド

こ~ゆ~のとか

ヤーマン

ジェルパッドは使わないけどこ~ゆ~のとか

 

いわゆる「楽して痩せたい」「部分痩せしたい」「お腹を痩せさせたい」という願望を抱える人が主なターゲットです。

本気で痩せたかったらスポーツジムに通うなりなんなりして、まずは運動をしようとしますから。

 

あなたは腹筋だけのEMS機器で気になるお腹周りの脂肪が本当に落ちると思ってますか?

 

EMSは筋肉を鍛えることができますが、直接脂肪を減らす効果は皆無です。

各社がこぞって腹筋トレーニング用のEMS機器を販売している理由は、 「楽して痩せたい」「テレビを観ながら痩せたい」 などの願望を持っている人に対して「楽に痩せられる」幻想を抱かせているにすぎないのです。

部分痩せなんて物理的にできなってことを知る必要がありますね。

全身を同時に鍛えた方が脂肪燃焼には効果があるでしょう。

この記事が参考になると思います⇒【激おすすめ】EMSスーツは購入価格は高いがコスパがよい【EMSトレーニングしたい人向け】

気になる部分の脂肪だけでなく体全体で脂肪を落とすことを考える

筋肉を鍛えて脂肪燃焼をしやすい体になるには腹筋などを部分的に鍛えても効果がありません

 

例えばダイエットジムに通ったとして、まず最初にどこの筋肉を鍛えるか知っていますか? 気になるお腹周りの脂肪を落とすために腹筋から鍛えると思いますか? いえいえ違います。

 

ダイエットジムでまず最初に鍛えるのは「大腿四頭筋」という太ももの筋肉を鍛えます。

ダイエットジムでまず鍛える筋肉

「大腿四頭筋」は人体の中でも最も大きな筋肉なので、そこを鍛えることで代謝率を上げ、脂肪燃焼しやすい体にするのです。

 

そう考えると腹筋だけのEMSトレーニングはいかに効果が薄いか?ということが理解できましたね?

 

「気になる部分の脂肪を落としたい」としてもトータルで考えないと成功しない

気になる部分の脂肪を落としたい

気になる部分の脂肪を落とす=お腹周りだけの脂肪を落とす という都合の良い考え方はやめましょう。

 

上でも説明したように、それは単にダイエット業界がお腹周りを気にする人が多いということに対して、幻想を抱かせるためのウソだと思ってよいです。

 

もっと辛辣なことを言うと、

「気になるお腹周りの脂肪だけを落とす方法なんてない」

と思った方がよいですね。

 

部分的にお腹周りだけの脂肪を減らすことができるのはもはや美容整形の脂肪吸引くらいしかありません。

ではどうすれば気になるお腹周りの脂肪が落ちるのか?

何度も言うようにお腹周りの脂肪のことだけを考えていてはダメです。

 

テレショップのダイエット機器の紹介の中で、 「適度な運動と食事療法を交えた結果です」 といった説明が必ずありますが、あながち嘘ではありません。

気になるお腹周りの脂肪を落とすということは、結局体全体の脂肪を落とさなくてはならないということを知っておく必要があります。

  • 「は?運動とかマジ無理」
  • 「食事制限とか考えられない」
  • 「楽して痩せたいからEMS使うんじゃん」

という人は一生あなたの体から脂肪を減らすことはできないでしょう。 ダイエットで失敗ばかりしている人の多くは、運動をせずに楽に痩せたいと思っている人が多いのです。 こんなダイエットに惹かれたことがありませんか?

  • 「ラクラクダイエット」
  • 「好きなだけ食べられるダイエット」
  • 「運動しなくても痩せる方法」

体じゅうについた脂肪はやがて高血圧や糖尿病といった疾患に繋がりやすいということももう一度よく考えた方がよいです。

ダイエット女性

 

糖尿病なんて下手したら両足切断しなければならなくなるような恐ろしい病気ですからね。 「糖尿病で足を失う」、決して珍しい話ではありません。←恐ろしい現実

一生「デブ」とか「ブタ」と陰口を叩かれる人生で本当に良いのですか?

EMS ジェル パッド(ジェルシート) 不要のEMS機器を使うなら

部分痩せということは生理学的に無理という話はしました。

恐らく今この記事を読んでいる人は腹筋用や太もも用などの部分的なEMS機器を使っているけどジェルシート(ジェルパッド)が高くて、なんとか不要のEMS機器は無いのか?と探しているうちにこの記事にたどり着いたことと思います。

シックスパッド

腹筋用EMSパッド

ヤー●ン

お風呂で10分とかテレビを観ながらスッキリとか

 

部分痩せは出来ない⇒体全体を鍛えることで脂肪を減らすことは可能。

 

結局「部分痩せ」ということはダイエット業界が創り出した幻想にすぎません。

でも体全体をEMS機器で鍛えれば脂肪は減らせます。

 

たとえばEMS機器で有名な「SIXPAD」は腹筋以外にも腕や太ももなども鍛えることができるEMS機器の種類が豊富です。

ですが、SIXPADの場合結局ジェルシート交換が必要なため、そのジェルシート交換費用だけでも年間でおよそ226,600円も掛かってしまいます(腹筋、胸、腕、太もも、尻のEMS機器を同時に使うと仮定した場合)

これではジェルシート交換不要の機器を探してこの記事にたどり着いた意味が無いですね。

おすすめは全身EMSスーツActive(アクティブ)

ここまで説明したように、腹筋だけ、二の腕だけのようなEMSトレーニングは部分痩せ効果は全くありません。

腹筋だけでなく、他の部位もトレーニングができて、なおかつEMS ジェル パッド 不要のトレーニング機器は、全身EMSスーツです。

EMS ジェル パッド 不要のActive

 

EMS ジェル パッド 不要全身EMSスーツなら腹筋、太ももやヒップ、背中、腕、胸と言った体じゅうをトータル的に鍛えることができます。EMSアクティブのEMSの数

 

腹筋だけを鍛えても効果が薄いということと、ダイエットをしたいなら太ももを鍛えるという話はしましたが、全身EMSスーツはまさにその理にかなったものと言えます。

とはいえお高いんでしょう?と思うのが当然ですよね。 全身EMSスーツ「Active(アクティブ)」なら217,800円(税込)で購入できますし、EMS ジェル パッド(ジェルシート) 不要です。

 

本体価格は確かに高いですが、EMS ジェル パッド(ジェルシート) 不要なので長い目で見れば安上がりなんです。

EMSスーツActive(アクティブ)と各種SIXPAD比較の記事参照

最近は10万円以下で購入できるEMSスーツもあるので、そちらも検討してみてはどうでしょうか?

ActiveとWISENFIT徹底比較

 

↓キャンペーン価格の時が買い時(2021.08.12時点では66,000円の大幅値引き中)
Active(アクティブ)公式サイト

 

217,800円(税込)は高いなあと思っていませんか?

ジェルパッド交換が必要なEMS機器は、ジェルパッド代が結構かかるんですよね。
「SIXPAD」を例にすると、腹筋だけで年間約50,000円。それ以外の部位のジェルパッドも必要なら年間50,000円~100,000円は覚悟

 

Active(アクティブ)が壊れなければ4年使った時点でSIXPADのジェルシート代とほぼ同額になります。

  • SIXPAD月一回ジェルシート交換⇒年間50,160円×4年200,640円⇒それ以降も毎年50,160円かかる
  • Active(アクティブ)初期費用217,800円(税込)⇒何年使っても初期費用のまま
5年以上使うことを考えたら結局ジェルパッド交換不要なActiveを買う方が安いってことか。

 

ここまで読めば

  • 部分痩せはできない
  • ジェルパッド(ジェルシート)不要のEMS機器を探すことの無意味さ

がわかりましたね?

 

ジェルパッド不要の全身EMSスーツがおススメ

 

 

キャンペーン価格の時が買い時です
数々の特典付きで購入できるActive(アクティブ)公式サイト

※キャンペーンはいつ終了するかわかりません。キャンペーン終了後は通常価格217,800円(税込)に戻ってしまうので注意。

 

↓「SIXPAD」やジェルパッド(ジェルシート)がいかに高いかという情報

「Active」VS「SIXPAD」全身EMSスーツ「Active」の機能を「SIXPAD」で揃えようとすると?

↓EMSスーツジムに通うより購入した方が圧倒的にコスパがいいという記事

【激おすすめ】EMSスーツは購入価格は高いがコスパがよい【EMSトレーニングしたい人向け】

↓EMSスーツActiveと10万円以下で買えるWISENFITを徹底比較しました(外部サイト)

ActiveとWISENFIT徹底比較

 

タイトルとURLをコピーしました