EMSトレーニングおすすめEMSスーツ紹介【筋トレダイエット向け】

健康器具

EMSは全身で使った方がイイ

EMSグッズのおすすめを紹介しています。

腹筋だけ、二の腕だけといったグッズが多いですが、本当に筋トレ効果はあるのでしょうか?

自宅筋トレ(自宅トレーニー)の私が最もおススメなのはEMSスーツです。

これがあれば巣ごもりで外に出られなくてもおうちでEMSトレーニングができちゃいます。

EMSスーツおすすめランキングTOP3
順位商品名おすすめ度
1位EMSスーツwisenfit WISENFIT(定価85,400円)5.0
2位EMSスーツACTIVE Alpha Active(定価217,800円)4.0
3位 Easy Motion Skin(定価440,000円)3.0

EMSスーツ購入おススメランキングをもっと詳しく見る

1位のActiveと2位のWISENFITを徹底的に比較したこちらの記事も参考にしてみてください。

ActiveとWISENFIT徹底比較。どっちを購入?

EMSトレーニングおすすめはEMSスーツ(たとえばActive(アクティブ)

Active

Activeは18か所のEMSパッド

EMSトレーニングイチオシのおすすめグッズを先に紹介すると、それはEMSスーツになります。

色々探して見つけたのが、上の写真の「Active(アクティブ)」という全身EMSスーツ。

なんと上の写真のように6部位18か所もの筋肉を鍛えることができます。

 

EMSスーツのおすすめランキングの記事も参考にしてみてください。

【激おすすめ】EMSスーツは購入価格は高いがコスパがよい【EMSトレーニングしたい人向け】

EMSトレーニング効果はあるの?

EMSおすすめ

世界的に有名なサッカー選手を広告塔に起用して、世間にEMSトレーニングという概念を一気に浸透させた「SIXPAD」の功績は大きいですね。

EMSトレーニングという物自体は最近になって行われるようになったものではなく、歴史をひも解いてみると1972年のミュヘンオリンピックではすでにロシア(当時のソ連)の選手がEMSトレーニングを行っていたという情報があります。

1993年公開のハリウッド映画『ドラゴン/ブルース・リー物語』では、ブルース・リーが電流を利用して筋肉の増量を図っているという描写もありました。

ブルース・リー

これすごいんだぜ。筋肉に電流を流すと、通常のトレーニングの何倍も筋肉が付くんだ

といったようなセリフがあったと思います。

ブルース・リーが亡くなったのが1973年なので、生存中にEMSトレーニングを行っていたとすればやはり1970年前後にはすでにEMSトレーニングは行われていたのです。

ということはEMSトレーニングの歴史は少なくとも50年も前からあったということになりますね。

EMSに効果があるのか無いのかという論争を時々見かけますが、学術的な論文を探しているなかで比較的わかりやすい物があったので紹介します。

骨格筋電気刺激の実施頻度の違いが下肢の筋力トレーニングに与える影響

この論文によると、EMSによる電気刺激を与えることで筋力増強が認められたとのこと。

長い歴史の中で全く効果がなければ自然淘汰されたのでしょうが、効果があるからこそ今でもEMSトレーニングが行われたり、理学療法で使われたりしているのです。

お腹周りが気になる?

ダイエットがうまくいかないので、ダイエットジムに通いたいが、近くのダイエットジムが分からない

あなたはお腹周りが気になっているのではありませんか?

仕事終わりのビールや唐揚げがどんなに美味しいことか!わかりますその気持ち。

ですが腹筋だけを鍛えるということでお腹周りの脂肪が落ちるかというと、正直あまり効果は期待できません。

例えばダイエットジムに通うとして、まず真っ先に鍛える筋肉はどこだか知っていますか?

トレーニング

いくら太っていて出っ腹でも、まず鍛えるところは腹筋ではなく、「太もも」なのです。

 

太ももの前側にある「大腿四頭筋」は人体の筋肉の中で最大なので、この筋肉を鍛えることによって代謝率を高め、脂肪燃焼効率を上げるのです。

大腿四頭筋

なので腹筋だけ鍛えるマシンより、太ももや背中などを鍛えることができる「全身EMSスーツ」が選択肢になるのは理解できますね?

「腹筋のみ」EMSマシンで効果があるのは?

腹筋のみ

楽天で「EMS 腹筋」と検索すると、出るわ出るわ。腹筋用アイテムがわんさかと売られています。

昔は低周波治療器のようなゴムパッドを貼るタイプしかありませんでしたが、腹筋の形(シックスパック)に合わせた形状の物が出たのも「SIXPAD」のデザインがいかにインパクトがあって優れていたのかということだと思います。

 

各社一斉に「SIXPAD」の真似をするようになりましたね。

EMSおすすめ

↑昔はこういう形のパッドしかなかった

 

腹筋用EMSパッドがなぜこんなにも多く販売されているのか?

それは最も需要があるからです。

二の腕や太ももなどを鍛える物もありますが、腹筋用のEMSマシンがやはり圧倒的に多いです。

上の項目で「あなたはお腹周りが気になっているのではありませんか?」と、私が質問したのを覚えていますか?

 

何故そんな質問をしたのかというと、世の中でほとんどの人(特に30歳以降の中年)が体に脂肪が付いてきてまず最初に気になるのがお腹周りだからです。

EMSおすすめ

そんなに脂肪もついていなくて、いきなり筋トレがしたくなってEMSマシンを探す人の方が圧倒的に少ないでしょう。

「あ~別に自分は太っていないけど、上腕二頭筋を鍛えたい。よし!EMSで鍛えてみよう」

という人は極稀ということです。

 

でもSIXPADのようなジェルパッドが必要なEMS機器はおすすめしないという話はこちらの記事。

EMSジェルパッドやジェルシート不要の機器をまだ探している人へ
EMSジェルパッド (ジェルシート)不要のEMSトレーニング機器を探しているということは、すでにEMS機器を買ったけどジェル パッド(ジェルシート) が高くて悩んでますよね。 というより、EMS ジェル パッド (ジェ...

 

EMSスーツのおすすめランキングの記事も参考にしてみてください。

【激おすすめ】EMSスーツは購入価格は高いがコスパがよい【EMSトレーニングしたい人向け】

EMSスーツおすすめランキングTOP3
順位商品名おすすめ度
1位EMSスーツwisenfit WISENFIT(定価85,400円)5.0
2位EMSスーツACTIVE Alpha Active(定価217,800円)4.0
3位 Easy Motion Skin(定価440,000円)3.0

EMSスーツ購入おススメランキングをもっと詳しく見る

1位のActiveと2位のWISENFITを徹底的に比較したこちらの記事も参考にしてみてください。

ActiveとWISENFIT徹底比較。どっちを購入?

当サイトの他のコンテンツ(カテゴリが表示されます)

タイトルとURLをコピーしました