全額返金保証の通販限定商品が多いのはなぜ?

たびたび見かける全額返金保証制度

このブログは通販限定商品のおススメを紹介していますが、通販限定商品に限らず全額返金保証を使った商品というのは数多く存在していることに気づきます。

有名なところでは「RIZAP」や「プロアクティブ」などが、効果が無かったら返金しますという謳い文句で販促しているので聞いたことがある人も多いと思います。

私は数々の通販限定商品を調べているうちに、この全額返金保証という制度は販売元にとってどれだけ効果があるのか?が疑問になりました。

100個商品を売って、全部の商品が全額返金保証を使われて返品されたら大赤字なわけですから。

そう疑問に思ってYOUTUBEで調べたところ、全額返金保証に関して分かりやすく説明されている動画があったので紹介します。

商品販売(セールス)で全額返金保証を付けるかどうか?に回答します。
地方集客コンサルタント清永仁

地方集客コンサルタント清永仁さんの動画が非常に勉強になりました。 結構独特のキャラ&ヘッドフォンが邪魔と思わず突っ込みしたくなりましたが 、全額返金保証制度に関して明確に説明されている動画は清永仁さんだけでした。

他の動画もビジネスに関わるノウハウをかなりUPされていますが、ほとんどが再生回数10回以下ということにもめげずにYOUTUBE活動を続けておられます。

これだけの知識がありながらYOUTUBEの再生回数はほとんど伸びないのはなぜ?と思ってしまいますが(笑)頑張ってください。(YOUTUBE再生回数が少ないのにどこでマネタイズされているのか?)

この動画以外にも全額返金保証制度に関して説明されていたのが2~3本ありました。

8割が間違えている“全額返金保証”を経営に生かすコツ。
全額返金保証で競合の1歩先を行く差別化戦略とは?

再生の順序は前後しますが、この3本の動画を観れば、なぜ全額返金保証を使った商品が多いのかが理解できます。

「動画いちいち観るの面倒だから説明しろや」

という方のためにこの3本の動画で言われていた内容を整理しました。

●販売している企業の知名度、信頼度が低い場合、全額返金保証を付けることで購入者に安心感を与えることができる

●ライバル商品と同価格帯、同じ成分などの似たような商品を売る場合、全額返金保証が有るか無いかで差別化を図り売り上げUPに繋がる

●全額返金保証を付けても実際その制度を使う人は全体の5%前後しかいない

●全額返金保証制度を使って返金される金額より、その制度を付けることで圧倒的に売り上げが伸びるので、全体的な利益は伸びる

整理するとだいたいこんな感じでしょうか。

販売元は不安を感じて全額返金保証制度をつけることに躊躇するようですが、付けないより付けた方が売り上げは伸びるので是非つけるべきという説明でした。

動画でも簡単な図で説明されていましたが、それを再現すると、

全額返金保証を付けなかった場合の売上個数が100個としたら、全額返金保証をつければ140個まで売り上げは伸びる。全額返金保証を使うのは全体の5%として計算すると7個だけ返金対象になる。

つまり全額返金保証を付けたことにより、付けなかった時に比べ33個売り上げが伸びる計算になりますね。

もし購入者が全額返金保証を使う割合が10%だとしても14個なのでそれでも制度を付けなかった頃に比べ売り上げは伸びていることになります。制度を付けても40個も伸びないのであれば商品自体に魅力が無いか、セールスページを見直す必要があるでしょう。

また、全額返金保証を使う人が28.57%の分岐点を超えると40個を上回ってしまうので、それだけ商品に問題があるという事になります。

だから全額返金保証をつける通販商品が多いのですね。納得。

ですが、残念なことに「全額返金保証の条件がありすぎて使えない」「全額返金保証を使おうとしたけどのらりくらりかわされて結局使えなかった」といった苦情も増えているようです。

全額返金保証をつけるのは、商品に自信があるからであって、単に他と差別化を図りたいだけで嘘のうたい文句は良く無いですね。

「全額返金保証付き!」と言いながらもその条件が全く明記されていない商品も数多くあります。

本当に商品に自信があるなら堂々とその条件も明記するべきですが、「返金はできるだけしたくないから煙に巻いておこう」的な商品がまあなんと多いことか。

中には商品を全部使って満足したにも関わらず、とりあえず無料で使ったことにしたいから全額返金保証を使うというユーザーも多いのでしょうけど。(それでも制度を使うのは5%)

全額返金保証付きと謳いながらも、その条件などが曖昧な商品は、よほど全額返金保証を使うユーザーが多いのでは?と下手な勘繰りをしてしまいますね。

全額返金保証を使う人が 全体の5%のカラクリ

上の動画で言われているように本当に全体の5%くらいしか返金保証を使う人はいないのでしょうか?

至極真っ当な商品を売っていても、中にはタダで使いたい人やどうしても自分には合わなかったという事もあるのでしょう。

95%の人が全額返金保証を使わなかった理由の一つに 「保有効果」という心理学の法則が当てはまるそうです。

「保有効果」 を簡単に説明すると、人は一旦自分の物になってしまうとその物の価値を上げる傾向にあるそうです。

なので全額返金保証制度が付いた商品でも、買ってしまえば保有効果が働いて返したくないという心境になるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました