乳酸菌で菌活を。普段から乳酸菌で菌活をしてみませんか?

菌活・腸活
乳酸菌で菌活を

腸内フローラを整えるには善玉菌と悪玉菌のバランスを整える必要がありますが、その中でも乳酸菌は特に重要です。このページでは乳酸菌に関する説明をしています

乳酸菌とは?

乳酸菌

菌活に関する記事のTOP乳酸菌 革命ほか効果が高いと話題の菌活サプリランキング10選では腸内の菌を育てる話をしました。

善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランスは2:1:7で善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることによって腸の働きが悪くなり、便秘や下痢といった症状になったり、最悪の場合O-157などの病原性大腸菌によって食中毒を起こしたりこともあります。

その善玉菌を育ててくれるのが乳酸菌です。

乳酸菌に関してもう少し詳しくなることで、理想的な菌活につなげていけるでしょう。

乳酸菌とは、炭水化物などの糖を消費して乳酸をつくる細菌の総称です

乳酸菌の種類は多く、腸内の腐敗を抑えたり、腸の動きを助けて便秘を改善する効果もあります。なので乳酸菌のサプリを飲むようになったら便秘が改善したという口コミをよく耳にします。

古くから人類は漬物や乳製品などから自然と乳酸菌を摂取していました。とはいえ乳酸菌の研究の歴史はまだまだ浅く、乳酸菌と健康が関係しているということがわかったのが20世紀初めのことでした。

現在では研究化進み腸内フローラだけでなく免疫力を高めるほか、中性脂肪やコレステロールの抑制、虫歯菌や歯周病菌に対しても抑制する効果があるということがわかってきています。

<乳酸菌研究の歴史>

・17世紀 オランダで腸内細菌を発見

・18世紀 ドイツのコッホが細菌分離の平板培養法を確立

・19世紀 フランスのパスツールなどで乳酸菌の研究が進む

・1899円 フランスのパスツール研究所でビフィズス菌を発見

・1900年 オーストラリアでアシドフィルス菌を発見

乳酸菌の種類

上の項目で「乳酸菌の種類は多い」という説明をしましたが、現在最近分類学では以下の分類がされています。

菌属菌種
ラクトバチルス(乳酸桿菌)ラクトバチルス デルブリュッキー
  亜種 ブルガリクス
ラクトバチルス アシドフィルス
ラクトバチルス カゼイ
ラクトバチルス ギャセリ
ラクトバチルス プランタルム
ラクトバチルス ブレビス
ラクトバチルス ヘルベティクス
乳酸球菌ラクトコックス ラクチス 亜種 ラクティス
ラクトコックス ラクチス 亜種 クレモリス
ストレプトコックス サーモフィルス
ロイコノストックロイコノストック メセンテロイデス 亜種 クレモリス
乳酸球菌エンテロコックス フェシウム
ビフィズス菌ビフィドバクテリウム ビフィダム
ビフィドバクテリウム ロンガム
ビフィドバクテリウム ブレーベ
ビフィドバクテリウム インファンティス
ビフィドバクテリウム アドレッセンティス

乳酸菌、酵母など、おススメのサプリをランキング形式でしょうかいしています。

https://kelvinvalleypark.info/health/kintyoukatu/xn-kzw749b-site/
タイトルとURLをコピーしました