重度レベルのワキガ用。薬用デオドラントクリームとは?

デオシーク
薬用とは?

ワキガが重度レベルだともはや薬用と名の付く商品の方が効果があると思います。そもそも『薬用』とか『医薬部外品』の意味がよくわからない。薬ではないの?などの疑問を解消したいと思います。

薬用とは?

よく『薬用なになに~』といった商品を目にすることがあります。薬用(やくよう)と聞くと薬の一種なのか薬に成りきれなかった物なのか、薬に近い効果はあるけど薬ではない?というイメージがありますよね?

日本語で薬用の意味をそれぞれ連想すると思います。

『薬』=効き目がありそうな飲み薬や塗り薬など。

『用』=役に立つ。はたらきがある。はたらき。

この薬用という意味を調べてみると、

『厚生労働省が特定の効能について認可している商品・製品の事を指す。有効成分として効果効能を表示することが認められている』

これは、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(旧薬事法)という法律によって、効能の表示内容などは細かく決められています。

『特定の効能について認可している商品・製品』ということは何かしらのテスト、実験、検証結果などから有効成分として効果効能があったのでしょう。

そう考えると薬用ではない商品の場合、有効成分として効果効能が少ないか、あるいは無いとも考えられますね。

厚生労働省が認可していないけど効果効能があるのかもしれませんが。

薬用とはいっても薬(医薬品)ではないので、「~~が治る」というような、治療効果を謳ったような表現は法律違反となります

医薬品と医薬部外品と薬用の違いに関しては下の項目で説明します。

医薬部外品とは?

医薬品と医薬部外品は読んで字のごとくですが、

医薬品=(いやくひん)とは、疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。

医薬部外品=(いやくぶがいひん)は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの。治療というより防止・衛生を目的に作られています。

医薬部外品の意味を良く見ると『薬用』と似た説明ですが、医薬部外品=薬用ということで同じことです。

医薬部外品は他にも「指定医薬部外品」というものがあります。医薬品は薬剤師や登録販売者しか販売できませんが、指定医薬部外品はそれ以外の人でも販売が可能で『整腸剤』『美容ドリンク剤』『滋養強壮剤』などがあります。

デオドラントとは?

なんとなく人生を生きてきた人はなんとなく聞き流してきた言葉ってありますよね。

私のその一人ですが、そもそも「デオドラント」という単語はよく耳にするし、そういう商品も多いけどいったいどういう意味なのかはなんとなくしかわかっていなかったように思います。制汗剤なのか消臭剤なのか?

ここで「デオドラント」という意味をもう一度確かめておきたいと思います。

デオドラント=(英: deodorant)体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりする薬剤。 日本標準商品分類では制汗剤(英: antiperspirant)とともにデオドラント用品に分類される。(ウィキぺディアより)

とのことでした。やっぱり日本国内においては制汗剤と消臭剤の両方を指すようです。

薬用デオドラントクリームおすすめは?

上の項目で説明したように、薬用(厚生労働省が特定の効能について認可し、有効成分として効果効能を表示可能)のデオドラントクリームといえば、現在デオシークが有名ですね。

世にあらゆるデオドラント製品がありますが、口コミ情報を見ると【デオシーク】が一番効果があったと評判です。

デオシークの口コミ情報はこちら⇒デオシークの口コミ・評判情報を集めてみました-口コミ-

↓薬用デオドラントクリーム【デオシーク】公式サイト

デオシーク公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました